firetanのプラモデル blog

自己満足のブログです。

模様替え


f:id:firetan:20190816235612j:image

この夏、皆様どうお過ごしでしょうか。

旅行したり、帰省したり、レジャーを行ったり、あるイベントに参加したり、それともいつもと変わらず仕事に精をだしているのでしょうか。

 

私?

 

夏バテで倒れてました。

 

 

話を変えまして、部屋の一部を模様替えしました。

f:id:firetan:20190816235619j:image

デーン。

ファレホ塗料を導入。

最近シンナーの臭いで体調に影響が出始めた為、水性塗料にも手を出してみようかと。

 

ボークスの3大水性塗料祭りというキャンペーンにあわせてそれぞれ購入してみました。

ええ、衝動買いってヤツです。

f:id:firetan:20190816235628j:image

専用の塗料ラックにはファレホの印がされています。

カッコいい!


f:id:firetan:20190816235637j:image

 

ちょっと使ってみた感想。

・臭いはしません。

 

・塗料の伸びが良い。(一滴の伸びが良いので結構使えます。)

 

・乾燥が早い。

 

・塗料の希釈に水が使える事。(乾燥していなければ水で筆洗いが出来ます。)

 

注意したいところ。

・乾燥が早いので塗料がついたまま筆を放置するとすぐカチカチになります。

 

・大きい物体に塗装する時はエアブラシを使った方が良さそう。

 

・エアブラシの塗装を行うとき、ニードルに塗料が溜まり詰まってしまうこと。(アクリジョンと同じかな。エアー圧と塗料の濃度に注意が必要。)

 

・色によっては筆塗りで発色し辛い物も。(例えばメカカラーのパープルは結構シャバシャバでした。エアブラシにはちょうど良さそう。)

 

トップコートの缶スプレーを使う際、水性の物を使うこと。(いつも使っている物を使ったらフィギュアの顔が見事に滲みました。)

 

とまあ思ったことをあげてみました。

慣れは必要ですが、これからはファレホでも塗装していくぞー。


以上、近況報告でした。


トランペッター M1126 ストライカー 製作中その1


f:id:firetan:20190810230647j:image

行きつけの模型屋さんで見つけました。

ストライカー装甲車を製作しています。
f:id:firetan:20190810230700j:image

現在ここまで製作しました。

何も装備せず地味な見た目ですが、これから変わるはず。
f:id:firetan:20190810230707j:image

タミヤの16式機動戦闘車のキットと違ってステアリング機構が再現されていないので車輪は可動しません。
f:id:firetan:20190810230713j:image

8輪全てのタイヤが接地する様に調整しました。

 

側面から見ると以前製作した陸上自衛隊のある車輌を思い出させます。

 


f:id:firetan:20190810230726j:image

後ろ側もなーんにも装備していません。
f:id:firetan:20190810230737j:image

なんかこの模型を作っていると陸上自衛隊の96装輪装甲車をまた作りたくなってきたなぁ。


以上、製作中でした。


タミヤ レオパルト2A6 完成

f:id:firetan:20190806073210j:image

ついに完成しました。

タミヤのレオパルト2A6。

 

最初不安だった迷彩塗装も私的にバッチリ仕上がりました。
f:id:firetan:20190806073222j:image

今まで作ってきたタミヤの戦車模型で一番のカッコ良さになりました。

コレ、ディテールアップはタミヤエッチングパーツしか使ってないんだゼ?

 


f:id:firetan:20190806073235j:imagef:id:firetan:20190806122706j:image

見よ、前回と比べてこの重量感。

全体的にデザートイエローを吹いてリアリティーをアップ!

そんなお気に入りカラーのデザートイエローは魔法の塗料さ。

 

え、前回の方が迷彩がハッキリしてていいって?

(゜.゜)…うそーん。


f:id:firetan:20190806073244j:image
f:id:firetan:20190806073255j:image
f:id:firetan:20190806073304j:image

フィギュアも塗りましたよー。

迷彩塗装が今まで塗ってきた物と異なって大変でした。
f:id:firetan:20190806073323j:image

履帯は、若干バリが確認出来ますが、塗装したお陰で気になりませーん(個人的に)。

 

過去の作品と比べて。
f:id:firetan:20190806073335j:image

まず、チャレンジャーⅡと。

レオパルト2A6は砲身が長い分大型に見えましたが、チャレンジャーの方が砲身と共に大型です。

 

f:id:firetan:20190806073348j:image

続いて陸上自衛隊の10式戦車と。

コンセプトとしてそうなんですが、10式戦車の方が小柄です。


f:id:firetan:20190806073400j:image

最後に、エイブラムスと。

砲身はレオパルトの方が長いですが、車体では色々な装甲を装備している分、エイブラムスの方が大きいですね(幅的に)。

 

それぞれ並べて。
f:id:firetan:20190806073420j:image

部屋に飾っている戦車も国際色豊かになってきましたねー。


f:id:firetan:20190806193927j:image
以上、タミヤ レオパルト2A6でした。










タミヤ レオパルト2A6 製作中その3

f:id:firetan:20190801100229j:image

あー、暑い。

熱中症になりそう。

集中が続かない。

目眩もしてきた。

まだ暑くなると思いますので皆様しっかり水分をとりましょう。

 

それでは只今の進捗状況ですが、前回から大まかに迷彩塗装を行いました。

説明書を見ながら塗装をしていきました。

 

ドイツ戦車らしい迷彩になっているのではないでしょうか。
f:id:firetan:20190801100251j:image

色はタミヤカラーのNATOグリーンとNATOブラック、NATOブラウンを使用しました。

パッと見てブラウンの比率が少ないです。

最初どの色も同じ比率だと思いましたけどねー。
f:id:firetan:20190801100259j:image

車輪は全てグリーン一色です。

そういえば車輪まで塗装色が異なる車輌って、陸上自衛隊の車輌位しか思い当たらないなぁ。
f:id:firetan:20190801100307j:image
f:id:firetan:20190801100317j:image

エアブラシで均等に塗装したつもりですが、色ムラが結構目立ちます。

あちゃー。

そこら辺は砂ぼこり風にデザートイエローを吹いて誤魔化していきます。

 

f:id:firetan:20190801100325j:image
f:id:firetan:20190801100330j:image

迷彩塗装を終えて完成が段々と見えてきました。

 

あ~じめじめ、ムシムシするなー。

( ゚д゚)ハッ!もしかして私の製作ペースがとても遅いのは暑さのせ…(゜゜;)\(--;)バシッ


これからも厳しい暑さが続くと思いますので、皆様暑さ対策をして体調に気を付けてください。

 

以上、製作中でした。





タミヤ レオパルト2A6 製作中その2

f:id:firetan:20190727171002j:image

レオパルド?レオパルト?どっちの読み方が正しいのか判りませんが、相変わらずのスローペースでやっとここまできました。

 

あー、整形色のままでも格好良いからもうこのままでも良くね?(冗談

 

砲塔後部のエッチングパーツ以外ストレート組をしています。

アンテナも真鍮線にせず、キットのパーツをそのまま使います。
f:id:firetan:20190727171012j:image

サイドスカートは塗装後に後付けする為外しています。

f:id:firetan:20190727171020j:image

2A5と比べて異なるのが砲身の長さ。

倍とはいきませんが、なかなかの長さがあります。

f:id:firetan:20190727171029j:image
f:id:firetan:20190727171035j:image

エッチングパーツはタミヤのものを使用しています。
f:id:firetan:20190727171040j:image
f:id:firetan:20190727171046j:image

フィギュアは3体いますが、コマンダーは2体いますのでどちらかを選択します。

 

次は塗装です。

スプレー缶で塗装していた頃は遠慮していた迷彩塗装も、今はエアブラシがあるので恐くない、はず。

 

以上、製作中でした。

タミヤ レオパルド2A6 製作中その1

f:id:firetan:20190722123454j:image

組み立て中というか、これから製作するもの。

モンモデルのメルカバの製作を終えたことだし、次の戦車模型を製作していこうかと思います。

 

ドイツの戦車を製作していきます。

大戦中のドイツ戦車は製作しましたが、現用のものは製作していなかったので手を付けようかと。

 

今回は特別なディテールアップなどせず、ほぼストレート組をします。

 

資料とにらめっこしたり、考えたりせず、気楽に製作していきます。

 

以上、製作中その1でした。

モンモデル メルカバMk.4M 完成

f:id:firetan:20190720232303j:image

遂にメルカバMk.4Mが完成しましたー!

イエーイ!!

 

私が製作している戦車の中で、一番資料とにらめっこしている車輌です。


f:id:firetan:20190720232313j:image
f:id:firetan:20190720232321j:image

部隊マークは最近流行りのTです。

まあ、それを意識している訳ではありませんが。

クモの巣のデカールが格好良かったので、部隊マークをコレにしました。
f:id:firetan:20190720232330j:image

 

ウェザリングとまではいきませんが、デザートイエローをシンナーで希釈したものを車体全体に塗装しました。

…あまり目立たないですけどね。
f:id:firetan:20190720232342j:image
f:id:firetan:20190720232351j:image
f:id:firetan:20190720232358j:image

 

今回(上)と前回(下)の写真を並べてみました。

f:id:firetan:20190720232405j:image
f:id:firetan:20190721225453j:image


f:id:firetan:20190720232421j:image
f:id:firetan:20190721225520j:image

果たしてこれはウェザリングと呼べるのか。まあ、デザートイエローを塗ったことで色味が明るくなったし変化をつけられたかと。


f:id:firetan:20190720232428j:image

今回一番悩んだアンテナ部分。

何気にセンスを問われます。

 

ネットにある写真やモデラーさんの作品を参考に取り付けました。

写真によってはアンテナ基部があったりなかったり。

とりあえずアンテナ基部を全ての座に取り付け、数本を真鍮線を取り付けました。

f:id:firetan:20190720232439j:image

 

前回と同じく、メルカバMk.3Dと並べて。

バージョンアップする毎に砲塔が大きくなるのはもちろん、車体もフラットになっていくのも面白いですね。

f:id:firetan:20190720232517j:image
f:id:firetan:20190720232549j:image

どっちも製作に苦労したなぁ。

思えば最初に組んだモンモデルの戦車はメルカバでした。

どっちも最初に箱を開けてそっと閉じましたけどね。

 

最後に、箱絵と同じ構図で。
f:id:firetan:20190720232528j:image

さて、次は何か息抜きになるものを製作しようかな。

以上、モンモデル メルカバMk.4Mでした。