firetanのプラモデル blog

自己満足のブログです。

トイズキャビン 戦国合戦絵巻ー足軽の章ー


f:id:firetan:20190515235341j:image
この様なガチャトイを行きつけの模型屋さんで見つけました。
f:id:firetan:20190515235402j:image

コレ、1/35なんですよ。

種類は鉄砲、槍、弓の3種類。

ポーズは計5パターン(ラベルにあるもの)あります。

自分は槍足軽のAが当たりました。

f:id:firetan:20190515235413j:image

ディテールは良く、顔まで細かく整形されています。

 

整形色は緑色、トイ・ストーリーに登場するグリーンアーミーみたいな見た目です。(アメリカ兵の格好ではありませんが。)

スケールモデルのフィギュアと同じく可動はしません。

f:id:firetan:20190515235424j:image

自衛隊スケールモデルと合わせるとまさしく戦国自衛隊ごっこが出来ます。

f:id:firetan:20190517084649j:image

数を揃えると面白そうです。

以上、ガチャトイでした。



タミヤ M1A2 エイブラムス タスクⅡ 製作中その1

f:id:firetan:20190515235723j:image

現在、エイブラムス戦車のタスクⅡを製作しています。

このプラモデルを完成させれば、昨年末の購入品は一部を除いて組み立てが完了となります。
f:id:firetan:20190515235734j:image

このキットはタスクⅠかタスクⅡのどちらかを選んで製作します。

タスクⅠとの違いは瓦の様な増加装甲がさらに装備されています。

今回、タスクⅡを選びました。

とまぁ、いきなりここまで完成しています。

プライマーブラックを切らしていたので、かわりにプライマーブラウンを塗装しました。f:id:firetan:20190515235745j:image

この車輌は窓が多いので、それぞれにマスキングテープで養生しました。
f:id:firetan:20190515235800j:image

見た目まさしくフル装備の戦車です。

この後本体色を塗っていきます。
f:id:firetan:20190515235813j:image
f:id:firetan:20190515235824j:image

後ろはノーマルのエイブラムスとほぼ変わりありません。
f:id:firetan:20190515235836j:image

砲塔はいろいろと装備されていて町の様になっています。

f:id:firetan:20190515235845j:image

窓がいっぱい。

マスキング大変だった~。
f:id:firetan:20190515235928j:image

上から見てみるとハッチまわりがゴチャついていますが、他は意外にフラットになっています。

f:id:firetan:20190515235908j:image

写真では見づらいですが、ドライバーズハッチには他のキットからペリスコープを移植しました。

説明書通りに製作すると透明プラ板を貼り付けます。

f:id:firetan:20190515235950j:image

完成が楽しみです。

以上、製作中でした。










プラマックス ネーネ

f:id:firetan:20190504222133j:image

最近戦車ばかりなので。

気分転換にプラマックスから、ミリタリーキューティーズのネーネを製作しました。


f:id:firetan:20190504222144j:image

以前製作したアリエがロシアをモチーフに、ネーネはドイツをモチーフになっています。

f:id:firetan:20190504222154j:image

箱絵と異った塗装パターンにしています。

カラーリングはドイツ将校をイメージ。

大まかな所はエアブラシで塗装、瞳や金の装飾など細かい所は筆塗りしました。
f:id:firetan:20190504222203j:image

箱絵の様に、ヘッドフォンと咽喉マイクからのびるリード線をイメージして針金を取り付けました。

f:id:firetan:20190504222219j:image

f:id:firetan:20190504222231j:image

後ろ姿がカッコいいです。f:id:firetan:20190504222239j:image

足元のベースは以前製作したフィギュア達の物と違って円形のプレートでした。
f:id:firetan:20190504222308j:image

f:id:firetan:20190504222332j:image

以前製作したアリエと並べて撮影。

オール筆塗りのアリエと比べて髪や服、スカートなどエアブラシの塗装で色の強弱が表現出来ています。(個人の感想)

f:id:firetan:20190504222338j:image

最後にティーガーⅠと並べて。

以上、ミリタリーキューティーズ ネーネでした。










アスカモデル 74式戦車改(G) 完成


f:id:firetan:20190504221815j:image

説明書を失くして塗装例を求めてネットをさまよったり、途中タミヤロードスターをブッ込んだりしましたが、GW中にアスカモデル74式戦車を完成させる事が出来ました。

 

これで3輌目か…。
f:id:firetan:20190504221829j:image

以前製作した10式や16式と同じ塗装方法を行いました。

下地にプライマーブラックを塗装、それから下地の色を完全に消さない様にそれぞれ配色しました。

塗装に関して、以前製作した車輌達と違ってのっぺりしているせいか、砲塔部分の印象が変わっています。

f:id:firetan:20190504221838j:image

一応3輌目なのでそれぞれ色分けも行っています。
f:id:firetan:20190504221847j:image

例えば排気口を白色にしたとか。

いままでは気が付かず、塗装をしていませんでした。

他は…、それくらいか。

f:id:firetan:20190504221911j:image


f:id:firetan:20190504221926j:image

苦労してフックや取手、サイドスカートの取付け座等を取り付けましたが、着色してしまうとあまり存在感が…いや、これ以上はやめておこう。
f:id:firetan:20190504221940j:image

以前製作した車輌と隊員達と並べました。

個人的な感想ですが、小型トラックとは一番しっくり来る組み合わせではないでしょうか。
f:id:firetan:20190504221948j:image

最後に、同時期に製作した10式戦車と並べて。

同じタイミングで製作しましたが、やはり追加パーツの取り付けで時間をかけてしまいました。

正直、フックパーツや取手パーツの改造は目立つ所だけにしても気にならないかも。

エンジンまわりなどの小さなフックのモールドは改造の必要は無いと思います。

その辺、無改造の10式戦車を見て感じます。

 

ネットで評価支援隊仕様の74式戦車を見つけましたが、このキットである程度簡単(個人差あり)に再現できるのではないかと思います。

泥除けや、ケーブルカバー等ありますし、余剰パーツを使って普通の74式に出来そうですし。

デカールも同メーカーから出ていますので。

ま、さすがに大型の増設バスケットと砲塔同機軸の機器類等は自作しなければなりませんが。


以上、アスカモデル 74式戦車改(G)でした。






タミヤ マツダ ロードスター 完成

f:id:firetan:20190429220536j:image

あー、やっと今日からGWになりました。

以前から製作していましたが、

本日やっとマツダロードスターが完成しました。

 

現在製作している74式戦車を差し置いての完成となります。

実はこのロードスター、10式戦車と74式戦車と同時に製作していました。

f:id:firetan:20190429220550j:image

戦車と違ってムラの無い塗装と艶とキズ等に気を使って試行錯誤をしながら製作していました。

 

戦車と製作の勝手が異なり、完成までに時間を要してしまいました。

慣れてくると、この半分の期間で製作出来るかもしれません。
f:id:firetan:20190429220600j:image

パッケージの様な色は出せませんでしたが、綺麗な赤色に仕上りました。


f:id:firetan:20190429220611j:image

光沢スプレーを何度も塗付して艶が出ていますが、雑誌にあるような反射して物が映る程の艶は出せていません。
f:id:firetan:20190429220621j:image

運転席の機器類はデカールを貼っています。

 

組み立てた時、先に座席を接着してしまったので、付属していた女性のフィギュアを乗せる事が出来ませんでした。
f:id:firetan:20190429220637j:imagef:id:firetan:20190429220653j:image

窓の組み立てや塗装は、カーモデルの顔と思っているので特に気を使いました。


f:id:firetan:20190429220713j:image
f:id:firetan:20190429220722j:image
f:id:firetan:20190429220735j:image

車体裏の部分は飾った時に見えないので、手抜きの塗装を行っています。

f:id:firetan:20190429220752j:image

f:id:firetan:20190429220807j:image

今回、初めてカーモデルを製作しました。

 

完成までにいろいろ手間をかけましたが、以前の飛行機模型の様に諦めないで良かったです。

いずれまたカーモデルを製作するかもしれません。

以上、マツダ ロードスターでした。










アスカモデル 74式戦車改(G) 製作中その3


f:id:firetan:20190421213736j:image

漆黒の戦車、再び!!

と、まぁプライマーブラックを吹き付けただけですが。

タミヤの10式戦車の製作に集中した為、以前の組み立て完成後しばらく放置していました。

相変わらずのスローペースです。

f:id:firetan:20190421213751j:image

完成までにまだかかりそうです。

この後、迷彩塗装に入ります。f:id:firetan:20190421213759j:image

さて、改めて迷彩パターンの確認をと…。

あれ?
f:id:firetan:20190421213805j:image

あれれー!?

無い!

説明書が!!

ウソ!?

え?

まさか、なくしちゃった!!?
f:id:firetan:20190421213818j:image

うわ。うわー。

やっちゃったよ。

10分間程度部屋を捜索したけど、見つけられなかったよ。

こうなったらネットで写真を参考に塗装するか。
f:id:firetan:20190421213829j:image

10連休中にはなんとか完成させたいな。
以上、製作中でした。




タミヤ 10式戦車 完成


f:id:firetan:20190416231122j:image

相変わらずのスローペースで製作していましたが、ついに完成しました。f:id:firetan:20190416231134j:image

特にディテールアップなどは行っていません。

せいぜいアンテナを真鍮線に変えた程度です。

f:id:firetan:20190416231144j:image

筆による塗り分けではなく、エアブラシによる塗装なので、色の境界が分かりにくいですが迷彩になっているかと思います。

 

ウェザリング塗装等は行っていないので、キレイな仕上がりです。

え?そうでもないって?

コレ↓と比べても?
f:id:firetan:20190416235705j:image

90式戦車、チョー泥まみれだゾ!!

まぁ、雑誌とか見てみると更にハードなものがありますが。

では、自分の作品の中でということで補足致します。

 

f:id:firetan:20190416231154j:image

フィギュアもちゃんと塗装しましたよー。

あ、ハッチ裏の塗装忘れた。

うわぁ。
f:id:firetan:20190416231203j:image

前の作品は、砲身の根元の布部分を黒色で塗装(別に指定色ではない)していましたが、写真などを見てカーキドラヴで塗装しました。
f:id:firetan:20190416231212j:image
f:id:firetan:20190416231220j:image
f:id:firetan:20190416231230j:image

以前製作した16式機動戦闘車と並べて。

前の投稿からやっと一緒に撮影する事が出来ました。
f:id:firetan:20190416231240j:image

若干ながら16式機動戦闘車の方が車高が高いです。

砲塔が似ているかと思いましたが、並べて見るとそれぞれ異なります。
f:id:firetan:20190416231253j:image

最後は以前製作したタミヤ陸上自衛隊のフィギュアも並べて撮影。

オモチャ箱から漁ってきました。

 

あとは74戦車の製作だぁ。
以上、タミヤ 10式戦車でした。