firetanのプラモデル blog

自己満足のブログです。

タミヤ エレファント 製作中その1

タミヤのエレファントを製作しています。f:id:firetan:20210620213214j:image

以前フェルディナントを製作したので、完成したらそれと並べようと思いました。

とりあえずここまで製作しました。
f:id:firetan:20210620213241j:imagef:id:firetan:20210620213352j:image
f:id:firetan:20210620213401j:image
まあ、フェルディナントと余り変わりありませんね。

f:id:firetan:20210620213225j:image

塗装例はカラー印刷で分かりやすい。

で…。

気になるのが、ツィンメリットコーティング。

箱絵と塗装例にガッツリ存在しているのに、キットには、無い。

………、なるほど。

という事で今回は初めてツィンメリットコーティングに挑戦しようと思います。

コーティングには何を使おうか…。

 

失敗した時の保険、ヨシ。f:id:firetan:20210620213255j:image


f:id:firetan:20210620213517j:image

以上、製作中でした。

 

もう一つ。

申し訳ありませんが、都合の為、来週の更新はお休みします。

タミヤ ケッテンクラート中期型

ケッテンクラートを製作しました。f:id:firetan:20210613234333j:image

バイクに無限軌道を装備した変わった見た目をしています。

キットはケッテンクラート1台と牽引カート、フィギュア3体。

塗装指示はカラー印刷で、迷彩塗装では5方向からパターンを確認出来ます。f:id:firetan:20210613234349j:image

これはかなり嬉しい配慮ですね。

迷彩塗装する時、側面の塗装例がどちらかしか無いキットの場合はもう片方を想像するか、ネットでの画像を参考にするしかないので助かります。

 

で、作品はこちら。

f:id:firetan:20210613234431j:image

単色迷彩でーす。

単色迷彩かよ!という突っ込みは聞こえません。

f:id:firetan:20210613235636j:image


f:id:firetan:20210613235649j:image

車体の基本色はファレホのヘンプ(71023)を使用。

f:id:firetan:20210613234453j:image

ダークイエローよりも色あせた感じですかね。

なんとなくという気分で、今回は汚し塗装をしていません。

と言ってキレイな塗装でもないですけどね。

 


f:id:firetan:20210613234736j:image

フィギュアの塗装は以前製作したドイツ兵のカラーリングと同じ。

ブログで記録しているので以前どの色を使ったか迷わずにすみます。

ドイツ兵に使うデカールが付属していない為、以前のドイツ兵キットの余りを使用しています。

f:id:firetan:20210613234758j:image

 

フィギュアを自立させるプレートには地面のモールドがありフラットなプレートより凝った仕様。

写真だと分かり辛いですが…。
f:id:firetan:20210613234814j:image

フィギュアは他のキットと合わせる事も考えてプレートとの接着はあまめにしています。f:id:firetan:20210613234917j:image

この2体のフィギュア、結構使い勝手が良いです。

f:id:firetan:20210613235006j:image

後ろ姿が素晴らしい!f:id:firetan:20210613235047j:image

何でも合わせられそう。f:id:firetan:20210613235147j:image

 


f:id:firetan:20210613235237j:image

車輌は勿論ですが、特にフィギュアの組み立て易さ、造形の向上が感じられます。

服のシワから顔の表情まで素晴らしいですね。


f:id:firetan:20210613235258j:image

いつも言っていますが、とても組み立て易いキットでした。

 

次は久しぶりに戦車を製作しようかな。

以上、タミヤ ケッテンクラートでした。

ファインモールド 歴装ヲトメ ハンナ 3.7cm対空砲37型

ファインモールド、歴装ヲトメのキットを製作しました。
f:id:firetan:20210606205910j:image

キット内容は1/35のフィギュアと3.7cm対空砲となっています。

対空砲はタミヤのキットのものですかね。f:id:firetan:20210606205917j:image

本体の塗装色はファレホのダークイエローとタンクブラウンを使用。

砲はガンメタルを使い、その後にウォッシュカラーのブラックを使いそれぞれ色のトーンを落としました。
f:id:firetan:20210606205926j:image

迷彩は説明書を参考にエアブラシで塗装しましたが、上手くいかなかったので筆塗り。
f:id:firetan:20210606205933j:image

それでも納得のいく感じにならなかったので、再度エアブラシで塗装しました。
f:id:firetan:20210606205940j:image

何度も塗り直しをしたので全体がのっぺりした様な感じになってしまった。

その為、いつもより濃い目にウォッシュカラーを使いました。
f:id:firetan:20210606205948j:image

まあ、最終的に納得いく感じになりましたのでひと安心しました。

 

フィギュアも塗装しました。

塗装色はジャーマングリーンを使いました。
f:id:firetan:20210606205958j:image

写真を撮って思いましたが、フィギュアの口元の塗装をもう少し何とかした方が良かったな。

f:id:firetan:20210606221643j:image

後で修正しよう。

アニメ調の顔の為、瞳のモールドが浅い。

瞳はデカールを使用し、それに少し着色しました。
f:id:firetan:20210606210007j:image

フィギュア本体はファインモールドのキットで、それに装備しているアクセサリーは付属しているタミヤのキットのものです。


f:id:firetan:20210606210015j:image

 

対空砲と並べてみました。
f:id:firetan:20210606210040j:image

箱絵の構図で配置。

中々良いですね。

他の車輌と合わせても良さそうです。

 

顔がアニメ調なので、リアルフィギュアとの相性は微妙なところ。f:id:firetan:20210606210048j:image

キット製作はサクッと組み立てが出来ます。

すぐに完成できると思いましたが、塗装につまずいてしまいました。

迷彩塗装の為の細かいエアブラシ塗装は慣れませんね。

細く吹く為に絞るとすぐに詰まってしまうので。

何か方法を考える必要があります。

 

最初の写真見て思った。

右上にぶら下がっているファレホのステンシル使えば良かったんじゃね?

…………………………。

 

 

以上、ファインモールド 歴装ヲトメ ハンナ3.7cm対空砲37型 でした。

ミニアート アメリカ陸軍 憲兵

ミニアート アメリカ陸軍憲兵を製作しました。

ハーレーと憲兵がカッコ良いです。

f:id:firetan:20210526233229j:image

キット製作では特にエッチングパーツの取り付けに苦労しました。

黄色い箇所が金属パーツです。

治具がありますが、現合で曲げ加工をして取り付けるパーツもあります。
f:id:firetan:20210526233236j:image

タイヤのスポークやタンク搭載のハンドシフト、ステー、ヒンジ等の金具、各所に使用されています。

 

箇所によっては、エッチングパーツではなくモールドで良いのでは?と思ったり。
f:id:firetan:20210526233245j:image

ライトや風防等、透明パーツは塗装の都合の為、取り付けていません。

フィギュアの顔は彫りが深くイケメンです。f:id:firetan:20210526233251j:image

リアキャリア側面に配されたバッグは裏側が肉抜きされていたのでプラ板で埋めました。
f:id:firetan:20210526233258j:image


f:id:firetan:20210526233311j:image

小さいながら密度のある造形でカッコ良いキットでした。

次は塗装していきます。

 

で、塗りました。

バイク自身では自立出来ないのでピンセットを使っています。
f:id:firetan:20210530222243j:image

バイクの塗装色はお馴染みのファレホUSAFオリーブドラブ(71016)を使用。

箱絵通りの良い色合いになります。


f:id:firetan:20210530222504j:image
f:id:firetan:20210530222523j:image

銃のホルダーや座席、バッグはタンクブラウン(71041)を、風防はブラックブラウン(71042)を使用しました。

エンジン等の金属部分はガンメタルを使いました。

デカールを貼るとカッコ良さが更にアップします。

タンクの星がとても良い!

風防の星条旗は少しオーバースケール気味ですが、良いアクセントになっています。



f:id:firetan:20210530222630j:image

フィギュアも塗装しました。

下地(黒)を塗った後にそれぞれ塗装しました。

 

服はNATOブラウン、ブーツはタンクブラウンを使用。

f:id:firetan:20210530222853j:image

 

f:id:firetan:20210530222709j:image
f:id:firetan:20210530222717j:image

肌はラディッシュフレッシュ(74003)、ナチュラルフレッシュ(74006)を使いドライブラシしていきました。

彫りが深いフィギュアなので表情も良い感じです。

f:id:firetan:20210530222754j:image

渋い…。

 

では、フィギュアをバイクに搭乗させました。

f:id:firetan:20210530223011j:image

オオー!!

中々勇ましいですね!


f:id:firetan:20210530223049j:image

箱絵通りのカッコ良さ!

色がつくとメチャクチャカッコ良い!f:id:firetan:20210530223102j:image

多少テカりが気になりますが、良い感じに塗装出来たかと思います。

今にも動き出しそうです。

f:id:firetan:20210530223119j:imagef:id:firetan:20210530223132j:image

バイク、カッコ良いですね!

前述した様に細かいパーツや現合あわせするパーツの取り付けに苦労しますが、その分とても造形を良くしています。

フィギュアの造形も同じく良い。

組み立てや塗装の大変さに見合うカッコ良さでした。

 

以上、ミニアート アメリカ陸軍憲兵でした。

 

 

 

おまけ。
f:id:firetan:20210530223201j:image

ついでに台座も製作してみました。
f:id:firetan:20210530223222j:image

レンガを作る型が眠っていたので使用。

今回、石粉粘土を使いレンガを製作。

上手く成型出来るか不安でしたが、思いの他、簡単に出来ました。


f:id:firetan:20210530223212j:image

それぞれこの色を使って塗装。

適当にチョイスしましたが案外良い感じ。

どのような場所かは考えていませんが、良い雰囲気になりました。

 

早速作品を乗せてみました。
f:id:firetan:20210530223238j:imagef:id:firetan:20210530223247j:imagef:id:firetan:20210530223255j:image
f:id:firetan:20210530223305j:image
f:id:firetan:20210530223311j:image

それではまた。

タミヤ ヴィルベルヴィント 完成

ヴィルベルヴィント完成でーす!

インパクトのある良い作品になりました。f:id:firetan:20210523230036j:image

足周りに軽い汚し塗装とアクセサリーとしてチェーンを乗せてみました。
f:id:firetan:20210523230051j:image

デカールは13の番号をチョイス。

キット付属の物ではなく、他のキットの余り物。

特に意味はありません。
f:id:firetan:20210523230100j:image

f:id:firetan:20210523230109j:imagef:id:firetan:20210523230125j:image

 

4つの機関砲を上や下に向ける事でディスプレイした時に表現が変えられます。f:id:firetan:20210523230136j:image

上下への可動がある戦車模型と変わりませんが、砲身に重さが無いので可動部分がヘタる事がなく飾れます。
f:id:firetan:20210523230144j:image
f:id:firetan:20210523230154j:image

対空戦車だからか、砲身が上を向いた方がカッコ良いというね…。

これは高い建物に潜むスナイパーを狙う為。

とあるゲームでヘッドショットを何度も決められた私にとっては許し難い相手なのである。

f:id:firetan:20210523230201j:image

まあ、スナイパーでなくとも高い建物があればそこから手榴弾や火炎瓶を投げ込まれそうであるが。

 

Ⅳ号戦車と並べて。
f:id:firetan:20210523230211j:image

砲塔の形状は勿論ですが、カラーリングもあって印象に差別化出来ていると思います。

f:id:firetan:20210523230221j:image
f:id:firetan:20210523230230j:image

 

続いて兵士フィギュアと並べて。

f:id:firetan:20210523230239j:image

土台を作れば良いジオラマに成りそう。

 

更に以前製作したティーガーⅡと。
f:id:firetan:20210523230250j:image

ティーガーⅡはミスターホビーの缶スプレー(オキサイドレッド)で塗装。
f:id:firetan:20210523230257j:image

下地の違いもありますが色味が異なります。


f:id:firetan:20210523230311j:image

この車輌を製作したキッカケはゲームでスナイパーにボコられたから。

リベンジしてやろうとこの車輌(カラーリングは普通ですよ)で出撃したが、各方面から銃撃や砲撃を浴び呆気なく退場…。

汚い花火だったよ。

 

あ、作品の話に戻ります。

赤い色はやはりカッコ良くなりますね。

3倍早く走りそうですし。

以上、タミヤ ヴィルベルヴィントでした。

タミヤ ヴィルベルヴィント 製作中その2

ここまで製作しました。

車体におおまかな塗装を行いました。f:id:firetan:20210516231730j:image

ベース色はファレホのプライマーカラー(ジャーマンレッドブラウン)f:id:firetan:20210516231748j:image

下地にプライマーブラックを使用。

中々良い赤みです。

f:id:firetan:20210516231801j:image

迷彩は、パンツァーダークグレイを使い書き込みました。

f:id:firetan:20210516231811j:image


f:id:firetan:20210516231828j:image

威圧感のある見た目。

砲塔の見た目もあって少し不気味です。

f:id:firetan:20210516231847j:image

狙われそうな切り欠きの部分にネットを装着。

防弾性は…無さそうですね。


f:id:firetan:20210516231913j:image

車体前部には今まで製作したⅣ号戦車系キットの履帯(余りパーツ)を乗っけました。

トゲトゲがワルの感じがして良いです。

 


f:id:firetan:20210516231926j:image

フィギュアの服はエアブラシで迷彩塗装をしました。

筆で迷彩を書き込みたかったのですが、色の乗りが悪かった為、エアブラシでおおまかに塗装。

大味な感じですが、まあ良いでしょう。


f:id:firetan:20210516232141j:image

次は履帯と細部の塗装、汚し塗装をしていきます。

以上、製作中でした。

タミヤ ヴィルベルヴィント 製作中その1

タミヤヴィルベルヴィントを製作しています。

f:id:firetan:20210509232631j:image

キットは以前に模型屋さんで見つけたものと箱絵の雰囲気が異なる気がしますが、リニューアルしたのかな?


f:id:firetan:20210509232647j:image

まあ、いつも通りほぼ組み立ては完了しています。

タミヤさんの模型スゲー組み易い。

良い息抜きになります。


f:id:firetan:20210509232659j:image

車体のランナーはⅣ号戦車J型かH型のものでシュルツェンの取り付け部品があります。

板はありませんので自作の必要がありますが。

まあ、このキットでは不要パーツですけどね。


f:id:firetan:20210509232710j:image

砲塔の部分は4連対空機関砲Flak38のパーツで、土台のかわりにヴィルベルヴィントのパーツを使用します。
f:id:firetan:20210509232752j:image

Ⅳ号対空戦車ですが、今回は地上戦闘用として製作していきます。

 

地上戦闘用なので、正面が見える様にモールド部分をデザインナイフで切り取りました。f:id:firetan:20210509232814j:image

ここで事故発生。

切り取り中、手を滑らせてナイフが手に着弾し出血…。

気を付けましょう。

 

機関砲の銃口を開口しました。

f:id:firetan:20210509232832j:image

これだけでもディテールがアップした様に感じます。

 

付属のフィギュアは時代を感じるディテール。

弾薬手2名はそのままで問題ありませんが、砲手は上を向いているので改造。

f:id:firetan:20210509232852j:image

顔を正面に向けた改造をしました。f:id:firetan:20210509232908j:image

タミヤ製の余った顔パーツを砲手に使い、ヘルメットはミニアートのものをそれぞれのフィギュアにかぶせました。


f:id:firetan:20210509232920j:image

塗装色は何にしようか考え中。

以上、製作中でした。