firetanのプラモデル blog

自己満足のブログです。

タミヤ キングタイガー (ヘンシェル砲塔) リペイント


f:id:firetan:20220703222254j:image

タミヤのキングタイガーを再塗装しました。

カラーリングは以前と変わらず下地色のオキサイドレッド。

f:id:firetan:20220703223150j:image

ファレホではジャーマンレッドブラウン。

今回はこの塗料で再塗装をしました。

濃い色味が良い感じです。

f:id:firetan:20220703222301j:image

砲身は前回のキングタイガーのマネをしてパンツァーダークグレーで塗装しました。

砲身をグレーにする事で、車体のレッドブラウンを引き立てている様に感じます。


f:id:firetan:20220703223722j:image

砲塔を分解して追加工作。
砲塔内部には砲弾ラックがありますので、他のキットから流用した砲弾を搭載してみました。

f:id:firetan:20220703224442j:image

砲塔後部のハッチを開けた状態にして内部が見える様にしてみました。

このハッチから覗く事が出来る範囲が限られている為、中身は雑に塗装しています。


f:id:firetan:20220703224922j:image
履帯と砲塔に装備した予備履帯、車体後部のマフラーには、さび表現としてパンツァーエースの明るい鉄さび色を使用しました。

ただ塗るだけではさび表現に見えないので難しいですね。

色味はイメージ通りのさび色で良い感じです。


前回のキングタイガーと並べてみました。
f:id:firetan:20220703231450j:image

製作して感じましたが、車体色と装備の対比が面白いです。

両方の車輌とも迫力があります。

 

f:id:firetan:20220703222319j:image

極初期生産型のキングタイガーも良いですが、下地色である赤色のキングタイガーもカッコ良いですね。

リペイントしてもまたこのカラーリングにする程にこの色が気に入っています。


f:id:firetan:20220703233213j:image
以上、タミヤ キングタイガー(ヘンシェル砲塔)リペイント でした。

タコム キングタイガー極初期生産型 完成

キングタイガー、完成しました。f:id:firetan:20220626232149j:image

 

前回砲塔を接着する様な事を発言していましたが、していません。f:id:firetan:20220626232205j:image

ひっくり返す事が無い限り、簡単に外れる事は無いのでしばらくこのままでも良いかなと。

良い案が浮かんだら改造しようと思います。


f:id:firetan:20220626232234j:image

塗装色は箱絵の様にダークイエローの単色迷彩。

このキットを購入した時に決めていました。

f:id:firetan:20220626232952j:image

下地にはファレホのプライマーブラックを使用。

f:id:firetan:20220626232252j:image

缶の振りが足りなかったか、厚く吹き付け過ぎた事が原因なのか、それとも洗浄せず塗装に入った事が原因なのか、塗装面にひび割れがおきてしまった。

f:id:firetan:20220626232308j:image

写真では見辛いが、車体下部の表面がゴツゴツしている。

f:id:firetan:20220626232424j:image

ヤスリがけをして再度塗装を行いましたが、ひび割れ現象が繰り返され、ヤスリが届かない所の塗膜が厚くなり、モールドが消えかかってきてしまったので仕方なく良い塩梅の所で本塗装に入りました。

うーん、凹む。


f:id:firetan:20220626232448j:image

基本色はファレホのダークイエロー、砲身にはパンツァーダークグレー、タンクブラウンを使用しました。

f:id:firetan:20220626232503j:image

 

上から全体的に見ると、この様な感じです。
f:id:firetan:20220626234349j:image

単色迷彩は多色迷彩と異なり目を引く様な車体色ではありませんが、黒立ち上げ塗装がし易く重量感が出せる事が良い所ですかね。


f:id:firetan:20220626232526j:image

塗装に妥協する所がありましたが、最終的に目指した作品に出来ました。

多色迷彩では無く、デカールも貼っていないプレーンな車輌ですが、その車体形状と重量感でなかなかの存在感です。

 

最後にミリタリーキューティーズのネーネと並べて。

 

f:id:firetan:20220626232712j:image

以上、タコム キングタイガー極初期生産型でした。

 

タコム キングタイガー極初期生産型 製作中その2

f:id:firetan:20220619214103j:image

砲塔が完成しました。

車体の組み立ては今回で完了しました。

次回から塗装をしていきます。


f:id:firetan:20220619214125j:image

砲塔はポルシェ型ですね。

極初期生産型でも特に変わった形状はしていません。
f:id:firetan:20220619214149j:image

未塗装ですが箱絵の通り後ろ姿がカッコ良い車輌です。

塗装後が楽しみです。

 

f:id:firetan:20220619214156j:image

砲塔は前回製作したミニアートのⅣ号戦車やボーダーモデルのティーガーⅠと同じく車体に載せる方式。

作品を移動させる時に落下の危険があるので接着します。

車体側にはギアの造形がされていてインテリアキットを意識した仕様になっています。

これが理由でボーダーモデルのティーガーと異なり、加工すると破損の恐れがあるので砲塔が可動する改造はしません。


f:id:firetan:20220619214211j:image

履帯も製作しました。

既にプライマーブラックで下塗りをしています。

最初タミヤと同じく連結接着式と思いましたが、このキットでは連結可動式。

いつも通り履帯の製作は大変でしたが、前回製作したAFVCLUBのLVT-4の履帯に比べれば…。

やはり大変ですね…。

何が大変てランナーからの切り出し、ゲート跡処理です。

目が痛くなる。

まあ、完成するとベルト式と異なりとてもカッコ良い作品になります。f:id:firetan:20220619224042j:image

 

 

組み立てが完了したので次回は塗装をしていきます。

以上、製作中でした。

タコム キングタイガー極初期生産型 製作中その1


f:id:firetan:20220612222041j:image

タコムのキングタイガーを製作しています。

箱絵が切り抜いて飾りたい位の良いセンスしています。

 

過去にタミヤのキットで砲塔がヘンシェルタイプとポルシェタイプを製作していますが、2台とも敢えて車載工具や装備を外して製作しているので今回はフル装備の車輌を製作したくなりました。

f:id:firetan:20220612224904j:image

タミヤのキット↑只今リペイント中。

f:id:firetan:20220612222049j:image

で、現在ここまで製作しています。

車体はほぼ完成、砲塔の製作中です。

履帯は最後に製作予定。

極初期生産型なのでどの車載品も欠けること無く取り付けています。

 

f:id:firetan:20220612222103j:image

ティーガーⅠのような排気口とカバーはこれまで製作してきたタイガーⅡやパンター系の車輌では見られない特徴なので珍しく、それがカッコ良いです。
f:id:firetan:20220612222114j:image

キットはエンジングリルなど主要な所にエッチングパーツが同梱。

細かいエッチングパーツが少ないので個人的に嬉しいです。

車体に白い所がありますが、それは不要な穴を埋めた跡です。

f:id:firetan:20220612222125j:image

続いて砲塔の続きと履帯の製作をしていきます。
以上、製作中でした。



タミヤ ティーガーⅠを再塗装する。

タミヤティーガーⅠ(右の車輌)を再塗装します。

参考写真:ボーダーモデル ティーガーⅠより
f:id:firetan:20220605223502j:image
f:id:firetan:20220605234231j:image

タミヤティーガーⅠは5年前に製作したキットで、エアブラシを使わず、缶スプレーで塗装しています。

そのままでも良いですが、イメチェンしようかなと。
f:id:firetan:20220605230257j:image

で、再塗装したのがコチラ。

車体全体をダークイエローで塗装しました。f:id:firetan:20220605233917j:image

足周りの汚し塗装にはUSフィールドドラブを使用しました。

プライマーを使わずそのまま塗装したので実際は追加塗装ですね。

前と比べて色味が濃くなっています。
f:id:firetan:20220605230307j:image

キューポラにペリスコープが無いので、以下のパーツを使用しました。

別にそれが無くても遠目で見れば特に問題ありませんが、近くで見ると抜け感(肉抜き)があり気になるところ。
f:id:firetan:20220605230458j:image

ファインモールドの戦車用ペリスコープセット。

ペリスコープのパーツが省略されているキットに重宝します。

f:id:firetan:20220605230505j:image

1つのランナーに小型のペリスコープが4つと大型のものが2つ成型されており、これが3枚入っています。


f:id:firetan:20220605230315j:image

目立った追加工作をしていませんが、結構カッコ良く仕上がりました。


f:id:firetan:20220605234052j:image

色味を変えただけですが、印象が変わったのでイメチェンに成功したかと感じられます。f:id:firetan:20220605233710j:image

以上、タミヤ ティーガーⅠを再塗装する でした。

 

ドラゴンモデル M3 75mm対戦車自走砲 完成

M3 75mm対戦車自走砲が完成しました。

f:id:firetan:20220529220421j:image

塗装するとカッコ良くなります。

前回加工したドアのパーツも簡単なディテールですが、塗装するとそれほど違和感ありません。
f:id:firetan:20220529220432j:image

アメリカ軍の車輌らしく、ボンネットに星のマーク。

キット付属のデカールアメリカ軍仕様の他、イギリス軍仕様のパターンがあります。

f:id:firetan:20220529220439j:image

車体色はいつも通りUSAFオリーブドラブを使用しました。

最近、アメリカ軍の車輌を製作しているのでこの色を多用しています。f:id:firetan:20220529220609j:image

戦闘室には特に追加のアクセサリーは無し。

フィギュアも無いので少し寂しく感じます。

この車輌に合うフィギュアが手に入れる事があれば追加工作して行こうと思います。


f:id:firetan:20220529220448j:image

足周りには汚し塗装のつもりでUSフィールドドラブを吹きました。

で、足周りをファレホの容器で隠すと…。
f:id:firetan:20220529220550j:image

少し角度を付けて撮影。

光の当たり方が変わったので汚した箇所が分かりやすいかと。
f:id:firetan:20220529220644j:image

砲の防盾は車体色と同じですが、色味が異なります。

地味に目立つ…。

車体と比べて厚く塗り過ぎた事が原因かと。

まあ、これはこれでアクセントになるかな。
f:id:firetan:20220529220517j:image

タミヤのスカウトカーと並べてみました。

同じ車輌ですが、装軌式(履帯)と装輪式(タイヤ)とで車体が異なっています。
f:id:firetan:20220529220524j:image

上から見てみると車体の全長が異なります。

装軌式も装輪式もそれぞれゴツイ車体でカッコ良いです。

前のストライカー装甲車と同じく、同じ色を使用しているのに色味が異なる現象が。

最近は塗装で色味を強く出す傾向にあるようです。

同じ感覚で塗装した筈なのですが、ここまで変わるとは…。

 

スカウトカーの他に以前タミヤさんはハーフトラックの方も出していましたが(今は生産休止)、また再販されないかなと思っています。


f:id:firetan:20220529220507j:image

最後にジープをならべて撮影しました。


以上、ドラゴンモデル M3 75mm対戦車自走砲でした。

ドラゴンモデル M3 75mm対戦車自走砲 製作中その1

ドラゴンモデルのM3 75mm対戦車自走砲を製作しています。

f:id:firetan:20220522215234j:image

タミヤ程ではありませんが、組み立て易くあまりストレスを感じませんでした。f:id:firetan:20220522215246j:image

少しパーツ(運転席と戦闘室、砲の防盾)の矯正があるくらいでしょうか。f:id:firetan:20220522215304j:image

組み立てはいつも通り既に完了しています。

細かいパーツやエッチングパーツも多く無く、とても組み立て易いです。
f:id:firetan:20220522215423j:image

キットにはドライバーのフィギュアがありますが、造形がイマイチ(メーカーには申し訳ない)だったので製作を見送っています。

 

その他、ドアノブのディテールが簡易的だったので他のパーツを使いそれっぽく加工しました。

f:id:firetan:20220522215348j:image

まあ、それでも微妙な感じですが…。

あまり拘ると次へ進まないのでこれでヨシ。

 

次は塗装していきます。f:id:firetan:20220522215333j:image

以上、製作中でした。